PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

イククル

友達探しから恋人探し、大人のお付き合いまで出会いを探す人間で使っていない人はいないでしょう。古くから質の良い出会いを提供している老舗コミュニティサイトです。芸能人を使った安心感のある広告で、少なかった女性利用者も急増中です!!

イククル

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール


戦争をやめてくれえ。やめてくれえ。

戦争をやめてくれえ。やめてくれえ。

上野の動物園は、桜の花盛りです。風にぱっと散る花。
お日様に光り輝いて咲く花。
お花見の人たちがどっと押し寄せて、動物園は、砂埃を巻き上げて混み合っていました。
象の檻の前の広場では、今、2頭の象が、芸当の真っ最中です。
長い鼻を、天に向けて、日の丸の旗を振ったり、カラランランと鈴を振り鳴らしたり、
よたよたと、丸太渡りをしたりして、大勢の見物人を、わあわあと喜ばせています。
その賑やかな広場から、少し離れた所に、一つの石のお墓があります。
あまり気の付く人はありませんが、動物園で死んだ動物たちを、お祭りしてあるお墓です。
お天気の良い日は、いつも、暖かそうに、お日様の光を浴びています。

ある日。
動物園の人が、その石のお墓をしみじみと撫で回して、
わたくしに、哀しい象の物語を聞かせてくれました。
今、動物園には、三頭の象がいます。
名前を、インデラ、ジャンポー、メナムといいます。
けれども、その前にも、やはり三頭の象がいました。
名前を、ジョン、トンキー、ワンリーといいました。
その頃、日本は、アメリカと戦争をしていました。
戦争がだんだん激しくなって、東京の街には、毎日毎晩、
爆弾が雨のように振り落とされてきました。
その爆弾が、もしも、動物園に落ちたら、どうなることでしょう。
檻が壊されて、恐ろしい動物たちが街へ暴れ出したら、大変なことになります。
そこで、ライオンも、トラも、ヒョウも、クマも大蛇も、
毒を飲ませて殺したのです。

三頭の象も、いよいよ殺されることになりました。
まず第一に、いつも暴れん坊で、言う事を聞かない、
ジョンから始めることに成りました。
ジョンは、ジャガイモが大好きでした。ですから、毒薬を入れたジャガイモを、
普通のジャガイモに混ぜて、食べさせました。けれども、利口なジョンは、
毒のジャガイモを口まで持っていくのですが、すぐに長い鼻で、
ポンポンと、遠くへ投げ返してしまうのです。
仕方なく、毒薬を身体へ注射することになりました。
馬に使う、とても大きな注射の道具と、太い注射の針が支度されました。
ところが、象の身体は、大変皮が厚くて、
太い針は、どれもぽきぽきと折れてしまうのでした。
仕方なく食べ物を一つもやらずにいますと、可愛そうに、十七日目に死にました。

「戦争をやめてくれえ。やめてくれえ。」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 03:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

勉強部屋に野良猫が子どもを生んで放置プレイ

勉強部屋に野良猫が子どもを生んで放置プレイ

小学1年生の時に、勉強部屋に野良猫が子どもを生んで放置プレイ。
可愛くて可愛くて仕方なかった。が、猫嫌いの母親が箱に入れて川に流した。
運動音痴だけど、ずっと走って走って、猫の声が聞こえなくなるまで、姿が見えなくなるまで追いかけた。
あれがトラウマになって20年過ぎた、季節は今頃、1匹の子猫を拾った。
可愛がって、甘やかして育てて、その猫は7キロを優に超えるほど巨大になったが、離婚したときに夫に取られてしまった。体重が300gほどの時からずっと育てて躾もして可愛がってきたのに。
農家に嫁いで、いくらかでも耐えられたのはその猫のおかげだったのに。
幸い元夫は猫を大事にする人だから、タマは今も幸せだと思う。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 22:05
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

なのに、死んだよ。あっけなかったよ

なのに、死んだよ。あっけなかったよ

今月12日に子猫を拾ったんだよ。
子猫っていうか、まだ赤ちゃんだったよ。
泥だらけになって、プランターっていうのか?
あの植物植えるプラスチックの箱の中にいたんだよ。
ひどい目やにがかさぶたみたいに目を塞いでて
それでも必死に顔を振り上げながらミーミー鳴いてて
それ見てたらいたたまれなくなって
獣医に連れていって診てもらって
子猫用ミルク買って哺乳瓶も買って
目薬も出してもらって初診料もおまけしてもらって

「なのに、死んだよ。あっけなかったよ」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 20:00
| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

私は住み込みを止めていったん実家に帰ることになりました

私は住み込みを止めていったん実家に帰ることになりました

高校生の時、住み込みで働きながら学校通っていました。
友達も少なくて寂しくて、近所にいた野良猫を餌付けして外で飼い始めました。
しかし会社が問題をおこし、休業することになったので
私は住み込みを止めていったん実家に帰ることになりました。
実家は父親が荒れていて、経済的な事もあり私が家に戻ることはあまり歓迎されてない
様子でした。猫は置いていく事にしました…。

「私は住み込みを止めていったん実家に帰ることになりました」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 19:31
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

昔愛犬が死んだ時の話

昔愛犬が死んだ時の話

いい話かは知らんが、昔愛犬が死んだ時の話。

長い事一緒にいて、いつ死んでもおかしくない位弱ってた。享年十七歳、長生きだろ。
飯をやりに出たら、よろけながら膝に甘えに来た。しゃーねーなってワシワシしてやったのを覚えてる。昔みたいに飛びかかってこなかったからかもな。
抱き抱えて毛布に寝かしてやって、ゴミ捨ててきたら冷たくなってた。
ゴミ捨てるのに一分か二分しかかかってなかったのに本当に冷たかった。どう考えてもかなり経ってる感じ。
春の矢先で寒かったけど、ワシワシした時あったかかったのに。そんなすぐ冷えるもんなのかな?

最後に甘えてくれたんだと思ってる。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 03:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

叩いたり怒ったりばっかでこいつの幸せなんか考えていなかった

叩いたり怒ったりばっかでこいつの幸せなんか考えていなかった

うちには猫がいた
俺が拾ってきたクロネコだ
まだ小さくて缶詰もやっとこ食える位の生後1,2ヶ月の子猫だった
俺ん家ほんとにビンボウで「猫に食わす飯なんてないよ」って親にすげぇ怒られた
俺には友達がいない、それに愛想もない、金もないし、顔も悪い、性格も悪い、史上最悪のニートだ
自分で働いて育てるって事でなんとか承諾してくれた
クロネコに「ウィンク」と名前をつけた
その子猫は癖なのかそれとも痛いのか、片目をウィンクするからその名前にした
そして人が嫌いな俺は新聞配達をやってみた

で、ウィンクを拾って2年がたった
まぁ慣れたせいかイジメたりするようになっていた
虐待まではいかないが、たいしたことでもないのに叩いたり怒鳴ったり
でもウィンクは俺を親だと思っている
だから甘えてくる
俺が寝てる時はすごい静かに歩く
俺がテレビを見ているときはゴハンを静かに食べる
俺がヒマなときは遠くからウィンクしながら様子を見ている
目が合ったらゴロゴロいいながら寄ってくる
すごく俺に気を使う猫になった

「叩いたり怒ったりばっかでこいつの幸せなんか考えていなかった」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 17:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

その日から、弟猫は一切水も食料手を付けず、たった3日で呼吸を止めた

その日から、弟猫は一切水も食料手を付けず、たった3日で呼吸を止めた

喪中症とはちょっと違うのかもしれないけど、
我が家で昔兄弟猫を飼っていた。
彼らはとても仲が良くて、去勢したとはいえオス同士なのに、
いっつもくっついて歩いていた。

ある日、兄貴のほうが網戸をぶち破って脱走してしまい、一晩帰ってこなかった。
弟はベランダですくんでいたのを捕獲したのだが、一晩中網戸越しににゃーにゃー遠吠えしていた。

翌朝、薄明るくなってきたところで探しに出た。
黒っぽい猫だったので、夜は探しても見つけづらいし、
パニック起こして絶対近くに隠れてると思った。

「その日から、弟猫は一切水も食料手を付けず、たった3日で呼吸を止めた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 19:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

あのときの哀しい眼差しを、俺は生涯忘れる事はないだろう

あのときの哀しい眼差しを、俺は生涯忘れる事はないだろう

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。
よろよろと俺たちの前に来るとペタンと腹をつけて座った。

動物に無関心だった俺は「キタねー猫だな」と思っただけで、他に何とも思わなかった。
猫を飼っていた彼女がその猫を撫でながら言った。
「こんな所にいたら病気で死んじゃうね」
単細胞の若者だった俺は頭にきた。
「何、こいつ病気なのか?死ぬと分かってて放っておくのは殺すのと一緒だろ!
何言ってんだオメー」

ドライブは中止。そのまま膝の上に乗っけて車を運転して帰った。
顔は目ヤニだらけ、鼻水で鼻はガビガビ、尻から出てきた回虫が俺のズボンの上を這っていた。
くしゃみで車のドアはベトベト、コホコホ咳をして、痰でゴロゴロいっていた。
「どうするの、その子?」
「治るまで俺が飼う」
「じゃあ名前は?」
「うーん…痰が詰まってるから…痰助」
「変な名前」
「うるせー」

「あのときの哀しい眼差しを、俺は生涯忘れる事はないだろう」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 18:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

お前には、町内一周程度がお似合いだ

お前には、町内一周程度がお似合いだ

3ヶ月のとき、シトロンはうちに来た。
俺は小学校三年生だった。
それから俺は、毎朝犬小屋を覗いた。
丸くなって寝ているシトロンを呼んで、赤い綱をつけてやる。
川辺の空気なんて、腹の減る匂いを朝から嗅がせるためだ。
だけど、一人歩きなんて、上等なことはさせてやらない。
その為の赤い綱だ。
シトロンは、小股で歩く。
やつは俺の撫で撫で攻撃を警戒してか、
斜め45度後ろを、とことこ歩いてくる。
やつが糞をしたら、目の前で拾う。羞恥プレイだ。
「こんなにしやがって、なんて健康的な犬なんだ」
言葉責めだって忘れない。
歩くのに飽きた俺は、シトロンを急き立てて、
サイクリングロードを走っていく。
道の終点、公園まで一目散に。
水溜りの泥水なんて、飲ませてやらない。
お前には、公園の流水がお似合いだ。

4歳のとき、シトロンの心臓に虫が見つかった。
俺は手を変え品を変え、やつに薬を飲ます。
バカなシトロンは気づきもしない。
俺を信じやがって、美味そうに薬入りの餌を食いやがる。
そんな時だって、ドッグフードなんてやらないぜ。
高い飯なんて、お前の口には合わないだろ。
どうせすぐに吐き出しやがる。
お前には、味の薄い犬用メニューがお似合いだ。

8歳のとき、祖父さんが死んだ。
兄弟が泣く中、俺はじっと黙ってそれを見ていた。
人前でなんて、泣いてたまるか。
シトロンは俺の制服を汚して、しがみつく。
だけど、しゃがんでなんかやらない。
俺の頬なんか、舐めさせてやらない。
お前には、俺の足元がお似合いだ。

12歳のとき、シトロンは神経症になった。
後ろ足を引きずって、15分も歩けない。
公園はおろか、サイクリングロードまでなんて、とても行けやしない。
朝の散歩も、町内を周って、とっとと帰ってくる。
もう一度行きたいなんて、見上げたって、知らないぜ。
偉そうな顔をするくせに、少し歩くとしゃがみこむお前。
お前には、町内一周程度がお似合いだ。

「お前には、町内一周程度がお似合いだ」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 21:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

トイレと餌皿、余ったレトルトとドライフード、猫じゃらしは持参金にくれてやった

トイレと餌皿、余ったレトルトとドライフード、猫じゃらしは持参金にくれてやった

私は猫が嫌いだ。
最近野良が縁の下に出入りを始め、威嚇行為を繰り返したにも関わらず出ていかない。
猛烈に腹が立つ。
そうこうしてる内に、ミィミィと頼りない声が聞こえるようになった。
子供を産みやがった!
畜生ながら、子供大事で餌を探しに行く様子が無くなった。
私の家の下で餓死なんかされてたまるものか!
腸が煮え繰り返るが、朝昼版と餌を与えることにした。
子猫が這い出てくるようになった。

「トイレと餌皿、余ったレトルトとドライフード、猫じゃらしは持参金にくれてやった」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 23:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−動物・ペット

 

【最新】心に残る話
オススメのエロい話
オススメの怖い話

最近のコメント
PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

ASOBO

ASOBO

スマホアプリのリリースをきっかけに会員数が増えてきているコミュニティサイトです。いち早くスマートフォンアプリをリリースしたことで、10〜20代のスマートフォンユーザーが一気に押し寄せました。出会いのチャンスが多く転がっているかも?

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール