PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

イククル

友達探しから恋人探し、大人のお付き合いまで出会いを探す人間で使っていない人はいないでしょう。古くから質の良い出会いを提供している老舗コミュニティサイトです。芸能人を使った安心感のある広告で、少なかった女性利用者も急増中です!!

イククル

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール


意識のないはずの祖母が手を強く握り返してきて

意識のないはずの祖母が手を強く握り返してきて

祖母が弱ってきて、寝たきりになった時、
遊び盛りだった私は見舞いにも行かなかった。
母から、もう何もわからなくなってしまって意識もない、
いよいよだと聞かされて、さすがに心苦しく思い顔見せに行くことに。

病室に入ると、やせ細った姿の祖母がいました。
母に「手にぎってあげなさい」といわれ、
そっと握ると意識のないはずの祖母が手を強く握り返してきて、
目からは涙が・・・

握った手のぬくもりから、幼い頃手をつないでいろいろなところに
連れて行ってもらった記憶か蘇って号泣してしまいました。

祖母がなくなったあと、遺品の中からスケッチブックが。
まだ意識のあった頃に病室で書いたと思われるそれには
私や、孫たちの絵で埋まっていました。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 17:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

譲り合う気持ちを忘れていたことを反省させられた

譲り合う気持ちを忘れていたことを反省させられた

Dポップの裏手で待っていたときのこと。
隣はじいさんが一人で待っていた。
ちょっと気難しそうなじいさんだった。
で、あと少しで始まるなぁというころベビーカーを押した若夫婦が後ろに並んだ。
お父さんの方が子供に「良い子に立って待ちなさい」って諭してて、
子供もおとなしくしてたらそのじいさん、いきなりその家族に向かって

「譲り合う気持ちを忘れていたことを反省させられた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 23:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

バイクは楽しい想い出の方が多いけれど…

バイクは楽しい想い出の方が多いけれど…

遠方に住んでる祖父が死に、祖母が1人になった。
同居や施設行きを頑なに拒んで1人で暮らすという。
祖父が死んでから俺がちょくちょくバイクで訪れるようになった。
行くたびに満面の笑みで迎えてくれて、困るぐらいの土産を渡されるのが常だった。
公房だったので、たまに行けないこともあったが、それでも暇を見つけては通っていた。
死んだ爺様は昔バイクに乗ってたらしく(軍用のナントカ、陸王?って言ってたかな)
年をとった後もカブに乗っていたのだが、祖母はあまりうれしくないようだった。
それでも、数の少ないバスが日に数本の田舎だったので俺がちょくちょく来れるのもバイクのおかげだったからか
気をつけなさいよと言う以外にはさしてガミガミいわれなかった。
大学合格を知らせにバイクで行くととても喜んでくれたこともあった。
その後、帰省した時ぐらいしか会いに行けず、間が空くからか行く度に祖母が段々と小さくなってる気がした。

「バイクは楽しい想い出の方が多いけれど…」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 22:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

今でもあのときの寂しさの理由が分からんが、思い出すと寂しい。

今でもあのときの寂しさの理由が分からんが、思い出すと寂しい。

留守番で祖父と二人で夕飯を取ることになった時。

当時ろくに火もつかえないガキだった自分の為に、
オカンはハイカラにも手作りのミートソースのスパを
作りおいてくれた。
自分にはウマーだったが、昔人の祖父には、パスタ
なんぞは食いモノの範疇に入っていなかった。

「今でもあのときの寂しさの理由が分からんが、思い出すと寂しい。」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 09:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

何十年も前に祖母はこうして父を東京に送り出したのだと

何十年も前に祖母はこうして父を東京に送り出したのだと

父方の祖母の思い出
十数年前、社会人になって間もなく私は父の郷里を訪ねた。
父の実家から帰るときに、私は見送らなくても良いと言ったのだが
祖母は駅まで送ってくれた。そして年老いた体で私の荷物を持とうとした。
私は断ったのだが、どうしても荷物を持つと言って聞かなかった。
祖母とは駅の改札口で別れたが、ホームへ続く階段を降りるときに
振り返ってもまだ祖母の姿はそこにあった。
その時なんとなくわかった。
何十年も前に祖母はこうして父を東京に送り出したのだと、
そしてその時のことを思い出しつつ今、孫を送り出しているのだと。

祖母が死んで10年余り、そういえば死に目には会えなかったな…。
あなたのデキの悪い孫は今もここに生きて2ちゃんに書き込みしています。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 20:00
| Comment(2) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

大勢の前で涙を見せたくなかった。だから次の日、トイレで泣いた

大勢の前で涙を見せたくなかった。だから次の日、トイレで泣いた

おばあちゃん

わがままでごめんなさい。
いじっぱりでごめんなさい。
誕生日に買ってくれたブラウス、かわいくないって
一度も着ないで捨てちゃってごめんなさい。
鏡台にあった化粧品、勝手に使ってごめんなさい。
おばあちゃんのダイヤの指輪が欲しいって、駄々をこねてごめんなさい。

たった一人の女の子の孫だから、一番大事だよって言ってくれたとき
嘘だって言っちゃってごめんなさい。
沢山作ってくれたセーター、オバちゃんくさいデザインだって
文句つけてごめんなさい。

「大勢の前で涙を見せたくなかった。だから次の日、トイレで泣いた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 22:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

オレは懐かしい川原を風を切りながら颯爽とチャリをこいでいた

オレは懐かしい川原を風を切りながら颯爽とチャリをこいでいた

5年ぐらい前だったかな・・・
じいちゃんが死んだ。

まだオレが幼稚園ぐらいのがきだったころ、
共働きの両親のかわりによく面倒見てもらったっけ。
今じゃみかけないレトロなちゃりの後ろに乗っかって、
じいちゃんあちこちつれてってくれたなぁ。
無邪気なオレはよくじいちゃんの口ん中、
手突っ込んでヤニの付いた入れ歯を取り出し、
自分の口に入れようとしてたとの事(キチャナイw)
親父が見つけるたびに慌てて取り上げてたとか(w

「オレは懐かしい川原を風を切りながら颯爽とチャリをこいでいた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 16:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

親父に殴られたよりも、ばーちゃんのやり方の方が効いた

親父に殴られたよりも、ばーちゃんのやり方の方が効いた

13回忌もとっくに終わったばーちゃん。
消防、厨房の頃に悪さ(万引きとか)したのをわかっていても決して怒らずに、
「お天道様は全部見てるからな、夜も山の陰から観てるからな、
お天道様に顔向けできない事はすんじゃないぞ。」
と、万引きした商品分のお金を自分に渡し、
「そんなに欲しいなら、ちゃんと買え」
と、店のオバチャンにばーちゃんが謝り、お金を返した。

自分の子供が悪さをしてしまっても、怒鳴ったりするのはよそう。
親父に殴られたよりも、ばーちゃんのやり方の方が効いた。

ばーちゃんが亡くなってから、どうも太陽のなかにばーちゃんが
いそうで、夕日を見て
「ばーちゃん、おやすみ」
という自分がいる。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 18:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

なんかもうすぐ死ぬよと言ってるみたいで

なんかもうすぐ死ぬよと言ってるみたいで

おばあちゃんが危篤状態が続いてたある日。
朝方寝てる時手を誰かが握ってる感触があった。
不思議と怖さはなく耳元で「お父さんとお母さんをよろしくね」と聞こえた。
家族には言えなかった。なんかもうすぐ死ぬよと言ってるみたいで。
でも数日後亡くなってしまいました。
その後も一回だけ寝てる時ほっぺた触られたりした。
おばあちゃんにとって孫は私と兄だけ。
兄のとこにも行ったと思うけど、兄も照れ屋だから話さないのかも・・・。
生前おばあちゃんの働いてた会社の人に聞いたけど、
毎日のように私と兄の自慢話してたんだって(泣)
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 13:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

帰国した際にお父さんが私の為に祖母の遺骨の欠片を保存してくれてた

帰国した際にお父さんが私の為に祖母の遺骨の欠片を保存してくれてた

おばあちゃんとは物心ついた頃から中学生まで一緒に住んでいて、
子供ながらに口うるさいなぁと思い本当に煩わしかった。
でも私が海外に住むようになって年に1度会えるか会えないかの状態になって初めてわかった。
会いに行くたびに口が悪く、強気に振舞ってはいたが老いには勝てず年々弱くなって弱気になったおばあちゃん。

「帰国した際にお父さんが私の為に祖母の遺骨の欠片を保存してくれてた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 12:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−祖父母

 

【最新】心に残る話
オススメのエロい話
オススメの怖い話

最近のコメント
PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

ASOBO

ASOBO

スマホアプリのリリースをきっかけに会員数が増えてきているコミュニティサイトです。いち早くスマートフォンアプリをリリースしたことで、10〜20代のスマートフォンユーザーが一気に押し寄せました。出会いのチャンスが多く転がっているかも?

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール