PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

イククル

友達探しから恋人探し、大人のお付き合いまで出会いを探す人間で使っていない人はいないでしょう。古くから質の良い出会いを提供している老舗コミュニティサイトです。芸能人を使った安心感のある広告で、少なかった女性利用者も急増中です!!

イククル

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール


予想していなかった出来事なので、誰も傘を持っていませんでした

予想していなかった出来事なので、誰も傘を持っていませんでした

もう何年も前になるんだけど、駅から離れた交通の便が悪い
病院に行く用事があったんだけど、道がわからないので
高校生の女の子に道を尋ねました。その子は笑顔で
「それならうちの近くなので案内しますよ」と言ってくれました。
しばらくいっしょに歩いていたんだけど、途中から天気が
悪くなって、雨が降り出してしまったんです。
予想していなかった出来事なので、誰も傘を持っていませんでした。
「おばちゃんたち、足が遅いから先に行っていいよ。」というと
その子はぺこっと頭を下げて、病院までの道筋を説明すると
走って帰ってしまいました。

「予想していなかった出来事なので、誰も傘を持っていませんでした」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 17:37
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

なんだか救われない気持ちと辛い気持ちでいっぱいになった

なんだか救われない気持ちと辛い気持ちでいっぱいになった

妻が入院してる時、中学生になる姪っ子と一緒にお見舞いに行ったことがあった。
帰りの電車の中、姪っ子のふとした一言に切れてしまい、
「うるせーだまってろ!」っと怒鳴って、ひどく叱ってしまった。
勿論そんな風に怒鳴ったことも今まで無かったし、
姪っ子も悪気があって言ったんじゃないってことはわかっていた。
姪っ子は妻譲りの気の強い性格で、
「そんなに怒んなくてもいいんじゃない」と言って次の駅で降りてしまった。

「なんだか救われない気持ちと辛い気持ちでいっぱいになった」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 12:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

待っている私たちにも『静かにねー』と

待っている私たちにも『静かにねー』と

閉園近くに行ったミートミッキー。
一緒になったグループの他家族、小さいお子様は寝ていた・・・。
キャストが「ミッキーだよー、起きて―」と寝ている子を起こそうとした。
しかし、ミッキーはそれを制止し、『シー!寝かせてあげて』と。
待っている私たちにも『静かにねー』と。
「撮影始めるよ」のアナウンスに向かっても慌てて『静かに―!』とするミッキー、
(かなりかわいかった♪)

「待っている私たちにも『静かにねー』と」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 05:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

人に泣かれるくらいに喜んでもらえたのって、初めてだ

人に泣かれるくらいに喜んでもらえたのって、初めてだ

大学の留年がケテーイした春休み、無性にどこか遠くへツーリングに行きたくなって、
テント寝袋を積んででかけることに。
行き先は決めてなかった。時間はたっぷりあったし、予定のあるツーリングという気分でもなかったので。
行けるとこまで何日か走って、そこで1日滞在して帰って来れればそれで良しくらいの気分で出かけた。
そのまま西へ走り出したのだが、宿泊は公園とかに張ったテントでの野宿。
留年したことを見知らぬ人に愚痴って同情を買うのが嫌だったから。
あと、これからのことを一人で考えて、なんでもいいから自分なりの結論を出したかった。
そうして3日かけて、潮ノ岬に到着。そこにキャンプ道具を下ろしてテントに突っ込み、
普段の格好で1日バイクを楽しむことにした。で、朝起きたら金が尽きてたと。(藁
仕方なく小さな郵便局の前にバイクを止めて、開店を待つことにした。
海沿いの小さな集落なので、歩いてる人はほとんどいなかった。
車が大きな町に向かって走っていくだけ。今日はどこまで行くかな〜などとボケていると、
近くに住んでいるおばあさんが、「朝ご飯は食べたかね?」と声をかけてくれた。
喜んでご馳走になり、午前中はそのお宅でマターリしてしまった。
このおばあさん、よくこうやって旅してる人に声をかけてるんだそうな。
困ってる人(俺はそう見えたらしい)を助けるのがうれしいし、
また出会いでもある、そんなことを言っていた。
おれはもっと話をして、ほんとは愚痴を聞いて欲しかったのだが、
そういう自分をおばあさんに見せるのが嫌だったので、
引き止めてくれるのはうれしかったけど、出発することにした。
一人暮しのおばあさん、訪ねてくる人もめったにいないといっていた。
今はヘタレてる俺だけど、前向きな自分になって一区切りついたら、
またここを訪ねよう。それで朝ご飯のお礼にしよう。そう思ってお別れした。

その後何とか就職した会社の研修がこちらのほうであったので
おばあさんとは2年くらいして再会することができた。
おばあさんは既に老人ホームに移っていたが、そこを訪ね、あのときのお礼を言うと、
なんか照れくさそうにそっぽを向かれてしまった。
1時間ほどとりとめのない話をしたが、帰り道があるので退出することに。
そのとき、俺が訪ねてきたのが嬉しかったのか、おばあさんが泣き出した。
「ありがとう・・・」って。
ホームの職員の人になだめられているおばあさんを見ながら、
人に泣かれるくらいに喜んでもらえたのって、初めてだ・・・そんなことを考えていた。
もうきっと、そんなに長生きできないのだろうけど、何かいいことがあったら、また知らせにこよう。
そう思いながらの帰り道、少し胸が熱くなった。

「人に泣かれるくらいに喜んでもらえたのって、初めてだ」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 17:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

牛乳、たくさん買えないのかなぁ

牛乳、たくさん買えないのかなぁ

小さいころに見た風景で忘れられないものがある。

ショッピングセンターのなかの休憩所のベンチで、
侘しげな風体のおじいさんが持ち込みの
牛乳とアンパンを食べていた。
そのおじいさんがパックに入った牛乳を
コップに移し変えていたんだけど、
最後の一滴がコップの中に落ちるまで
ずーっとずーっとパックをかたむけていた。

子供心に、「おじいさんご飯一緒に食べる人いないのかなぁ」とか
「牛乳、たくさん買えないのかなぁ」などと考えてしまい、
とてもせつなくなったことを覚えている。

それ以来、嫌いだった牛乳を残さず飲める子供になった。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 22:51
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

あの香水がキツイ人、あなたの趣味?

あの香水がキツイ人、あなたの趣味?

ありがとう。ごめんね、もう動けないみたい。自分でもどこが病気か解からないよ。

この前の車検の時、ディーラーの人の話してました。もう古くて部品がないみたい。
最近は初めてあなたに会った時より運転が上手になって、気持ち良く走れました。
私の癖も、全て知っていてくれていた。

いつも週末は砂埃だらけのわたしを洗ってくれて、その後はドライブの日々でしたね。
助手席に乗る人は時々入れ替わりましたね。あの香水がキツイ人、あなたの趣味?
ごめん、実は嫌いだったんだよ。

「あの香水がキツイ人、あなたの趣味?」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 15:00
| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

あなた、女を見る目があるのかもよ?

あなた、女を見る目があるのかもよ?

さて、そろそろ掃除も終わったのかな?
私なんて営業者なんだからそんなに丁寧に掃除しなくても良かったのに。
でもやっぱり綺麗にしてもらうと気持ち良いね。
これで胸を張って次の会社に行けるってものだね。

私があなたの会社に来たのは確か10年前だったかな。
その頃は私もまだ2年目のピカピカだったよね。
そしてまだ新入社員のあなたの専用の車になったんだよね。
正直言って不安だったよ。
だってあなたは学生時代は東京にいたから車の運転はほとんどした事が無いんだし、それに仕事だって覚えることがいっぱいだったもんね。

初めの一年くらいは本当に辛かったよね。
お得意さんから私のところへ帰ってくるたび溜め息をついて、こんな会社やめてしまいたい、そう言っていたね。
時には目に涙を浮かべながら帰ってきたこともあったね。
でも私のエンジンをかけるとまた次のお客さんのところへ走って行ったよね。
私、あなたのそういう真面目なところ好きだったよ。
他の新入社員たちはサボってる人も多かったって仲間に聞いたもの。

そうそう、親元から離れて暮らしているあなたはお金があんまり無かったから、プライベートでも私を使ってくれたよね。
ラジオはAMしか入らないし、シートだってナイロンだし、いい所なんてほとんど無いのに昼も夜も、休みの日もいっしょにいてくれたよね。
時々乗せる彼女には不評だったみたいだけど、そのたびにあなたは私のことを庇ってくれたよね。
あなた、女を見る目があるのかもよ?
だって私みたいに、燃費はいいし軽いし、それでメンテナンスはほとんどしなくていいのに壊れないしすねない女って最高でしょ?
そんな女の人をちゃんと見つけるのよ。
あの彼女はダメ。私とは正反対ね。例えるなら外国の高い車ってとこかしら。

「あなた、女を見る目があるのかもよ?」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 20:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

生涯、武道を続ける事ができれば。いつ死んでも、それが勝者だよな?

生涯、武道を続ける事ができれば。いつ死んでも、それが勝者だよな?

今から7年位前。高校生の時。
私は、小学校の時からなんとなくダラダラと続けた空手が1級になっていた。
当時、私の空手は「初段とったら履歴書に書けるな〜。」程度のもので情熱はなく、
辞める区切りを探していた。
ウチの道場は、師範がボランティアでやっていた為、設備もなく金もなく練習日は週1。
師範も多忙な為、数少ない有段者が指導員だった。有段者といってもお情け(保留合格)で
初段を取った程度の志も技もないゲキモヤだった。(バッサイとジインしかできない程度)
昇段審査の半年前、他の支部で空手を3年間やってたという30前半のオジサンが練習に
加わった。
オジサンは、別に師範でも何でもないが教師だった為、「A先生」と呼ばれていた。
A先生はやる気の抜けた道場に必ず30分前に到着し、終了後も黙々と練習をしていた。
頼んでもないのにミットを手伝ったり、掛稽古に乱入してきたり、型の総評を始めたり、
そういう人だった。

A先生の情熱は、すさんだ道場内では空回りを続けていた。18、9歳くらいの有段者に
組み手という名目でボコられたり。徹底的にシカトされたり。それでも、先生は、前以上の
熱意と情熱を練習にぶつけていた。
しばらく経ったら、有段者は全員辞めていた。理由は「ウザイ人がいる」
私は情熱こそ無かったが、初段は欲しかったので、練習には参加していた。
ある日、A先生が私に言った。「有段者もいなくなった、1級の俺たちがココを引っ張って
行こう。そして必ず初段を取って、指導員として空手を普及させて行こう。」
当時の私は「(゚д゚)ハァ?俺、初段取ったら辞めますよ(ゲラ」と答えた。
「お前もアイツらと同じなのか!?」
「似たようなものデス(ワラ」と答え、道場から帰ってきた。
その後、私もA先生がウザクなり道場に行くのを辞め、黒帯も諦めた。

その2週間後、A先生から電話や人づてで執拗に戻って来いコールがあった。
しまいには、他校の教師なのに、ウチの高校に来てまで説得するありさま。
顔を見れば「武」「義」「勇」の意味やら「空手の素晴らしさ」、「強さの定義」、
「空手家の理想」などおよそ武道論なるものを半強制的に講義していく。
最初は、ウザかったが、私の事を想っての沙汰だと気付くのに時間はかからず、
気が付けば、私にもA先生の情熱が感染していた。

やがて、昇段の日が来て師範と一緒に3人で本部のある東京に行く。結果は2人とも
合格だった。
初段を取って1ヵ月後、T先生は勤務地が変わったらしく、ウチの道場に来られなくなった。
最後の日、先生は私に「頑張れよ!指導員!次はは二段をいっしょに受けよう」と言って
去っていった。

先生がいなくなった道場は、時間とともに昔の道場に戻っていった。
やがて私は、社会人。道場も人は少ないながらもまとまりを見せるようになっていた。
A先生のことは、その後、思い出すこともさほどなかったが、大会や約束した昇段審査
にも現れない。
ちょうどその頃、A先生の学校に通っている工房がウチにいたので聞いてみたら、体調を
壊して学校にも来ていないとのこと。心配になりお見舞いに行くことにした。
久しぶりに会って、正直驚いた。そこには、私の知るA先生はいなかった。
80Kはあるだろうと思われた大男は、40k位のミイラの様にガリガリにやせ細っていた。
6帖の部屋が大きく見えるくらいに小さくなっていた。
窓の上には、私と1番しか違わない全空連の初段の認定状が黄色の額縁に入っていた。
話を聞けば、「ただの胃潰瘍。そのうち直る」とのこと。病気で弱っていても空手を語る時の
目の輝きや暑苦しく力説する姿は、あの頃のままだった。
「早く治して平安からやり直したい」と元気に語るA先生を見て少しホッとしていた。
帰りがけに、A先生は「そのウチお前のところに練習しに行くからな!絶対!」と
言ってくれた。

「生涯、武道を続ける事ができれば。いつ死んでも、それが勝者だよな?」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 00:09
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

一日と一日はやっぱりつながってるんだあ

一日と一日はやっぱりつながってるんだあ

そういえば、初めて徹夜したのも小学校の夏休みだった。
次の日、待望の海釣り(海が遠くて鮒・鯉釣りしかやったことなかった)に
連れてってもらう日で、あまりにわくわくして眠れず、朝を迎えた。
一日と一日はやっぱりつながってるんだあ、とすごく感動したことを
覚えている。そして、釣りでは38pのコチを釣って、刺身にしてもらって
食べた。どんな高級魚よりも美味しく感じられたなあ。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 05:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

生まれて初めてお父さんとお母さんが居るような気がしました

生まれて初めてお父さんとお母さんが居るような気がしました

今は中3の長女が小学校に上がる前の話

我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と道路を隔てたところにある。
団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ遊びに行っていた。

嫁に言わせるとある日から小学校2〜3年ぐらいと幼稚園と思われる姉妹が遊びに来るようになった。
物怖じしない性格の長女は姉妹が気になったのかガンガン話しかけたらしい。

姉妹の妹は長女と同じ年だったから次第に仲良くなったが、姉の方は全く打ち解けなかったらしい。
嫁が道路ですれ違い、声をかけても無視されたと言っていた。

そんなある土曜日、嫁は幼稚園の謝恩会の打合せだと朝から不在、子供を遊ばせ、テレビを見ていると
ピンポ〜ンとチャイムが鳴った。

子供が出てみるとなにやら話し声。出てみるとその姉妹だった。
うちの長女がいきなりこう聞いてきた「パパ、ランドセルってどこに売ってるの?」と。

そりゃ、デパートとかさそういうところだよと答えると姉妹に「デパートだって」と伝えた。
何の話だ?と聞くと姉妹の妹が再来週には小学校入学なのにランドセルが無いのだそうだ。
それを親に話したら、買って来いといわれ、3万円を渡されたそうだ。

これから二人で行くのか?とオレが聞くと二人で黙ってコクリとうなずいた。
ちょっと待てよ、小学校入学なんて一大事を姉妹二人で何とかしろなんて・・・と思いが沸き起こり、
おじさんがついていこうか?と聞いた。
すると我が家の長女がそれが良いよと言い出した。
姉妹の姉は大丈夫です、二人で行けますというが、3万円握り締めているのを見たら、もう切なかった。

結局、我が家の子供二人と姉妹を連れて、近所のイトー○ー○ドーへ。

赤いランドセルを購入し、帰りにマックへ行ったが、姉妹の姉は一度もニコリともしなかった。
家へ戻ると最後に小さな声で「ありがとうございました」と言って、走り去っていった。

「生まれて初めてお父さんとお母さんが居るような気がしました」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 05:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−その他

 

【最新】心に残る話
オススメのエロい話
オススメの怖い話

最近のコメント
PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

ASOBO

ASOBO

スマホアプリのリリースをきっかけに会員数が増えてきているコミュニティサイトです。いち早くスマートフォンアプリをリリースしたことで、10〜20代のスマートフォンユーザーが一気に押し寄せました。出会いのチャンスが多く転がっているかも?

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール