PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

イククル

友達探しから恋人探し、大人のお付き合いまで出会いを探す人間で使っていない人はいないでしょう。古くから質の良い出会いを提供している老舗コミュニティサイトです。芸能人を使った安心感のある広告で、少なかった女性利用者も急増中です!!

イククル

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール


無理矢理生かされていた母の姿を今も思い出します

無理矢理生かされていた母の姿を今も思い出します

小さい頃は(私のためとはいえ)厳しい母が苦手で、
甘やかしてくれる父や同居していた祖父母の方が好きでした。
しかし大きくなるにつれ、浮気や借金を繰り返す父のこと、
それをすべて母がいたらないからだと責める祖父母のことを知るようになり、
また母の厳しさが私を思ってのことだとわかってきて、
本当の愛情を持っていたのは母だとようやく気づいた頃母は入院しました。
その半年ほど前から体調が悪かったのですが、
母の病気は特殊なもので病気の特定ができなかったのです。

入院して2ヶ月ほどで母は亡くなりました。
母は自分が死ぬような病気になったら、
ホスピス等で穏やかな死を迎えたいと常々私に言っていましたが、
入院した時点でほぼ手遅れでした。
私がそのことを知ったのはもう転院等もできないほど衰弱してからで、
入院していた病院はそういう治療はしてくれないところでした。
亡くなる前にたくさんの管に繋がれ、
無理矢理生かされていた母の姿を今も思い出します。

「無理矢理生かされていた母の姿を今も思い出します」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 07:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

親父はオレの飼い猫のことばかりしきりに気にしていた

親父はオレの飼い猫のことばかりしきりに気にしていた

オレの親父は怖かった。
もちろん最近よくある理不尽な暴力ではないが、オレは何かをやらかすたびに鉄拳制裁を食らっていた。
小柄だががっしりした体型のオヤジの鉄拳は、いつもいつも痛かった。

不肖のバカ息子であるオレが身を固めたのは、30半ばになろうとした頃だった。
引退しすっかり好々爺になってしまった親父だったが、結婚式の挨拶は堂々としたもので、
まだまだ親父は健在だと安心したものだった。

それから1年ほどして、親父が入院することとなった。
小柄だが頑強だった親父にとっては、初めての大病と入院だった。
原因は不明だったが、腎臓機能の一部を失うだけで済み、手術なしの薬物治療で大丈夫とのことだった。
その時点で少し親父が縮んで見えた。
そしてさらに1年後。今度は腫瘍が見つかった。
幸い悪性ではなかったが、切除された患部を見て、ICUでチューブだらけの親父を見たとき、
さらに親父が縮んで見えた。
親父は生還と引き換えに、カミナリ親父の威厳を失った。すっかり弱気になってしまい、
何をしても疲れるからと中座をするし、60過ぎでもなお若々しかった風貌は、一挙に衰えてしまった。

「親父はオレの飼い猫のことばかりしきりに気にしていた」の続きを読む

タグ:病気 父親

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 13:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

いわゆる盗難照会とかいうやつだったんだろうな

いわゆる盗難照会とかいうやつだったんだろうな

俺が小学生の頃のある日曜日の朝、オヤジが自転車を買ってやるといって、
路地を抜けたところに止まっていた軽四トラックのおっさんからオヤジが板垣退助(五百円)出して自転車を買ったことがあった。
おっさんが荷台から自転車をおろしたシーンを鮮明に覚えている。

今にして思えばえげつないほどボロだった記憶があるが、
俺は狂喜乱舞して乗り回したなぁ。
差込み鍵がひん曲がっていたから、止めるときはそいつを元に戻す。(w

「いわゆる盗難照会とかいうやつだったんだろうな」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 19:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

その時の嬉しさは今でも覚えてる。ふるえるくらい嬉しくて嬉しくて

その時の嬉しさは今でも覚えてる。ふるえるくらい嬉しくて嬉しくて

漏れの両親は「ファミコン絶対反対派」だった。
母親は「頭が悪くなるし目が悪くなるから」
父親は「おもちゃにしては高いから」(w
って理由で。
で、ある日デパートで両親と漏れ3人で買い物に行った。
両親が買い物中漏れはいつものごとく、おもちゃ売り場のファミコンコーナーで展示用の本体&ソフトで必死こいてゲームやってた。
両親が買い物を終え、おもちゃ売り場に漏れを呼びに来た。
その時ちょうど他の親子連れが来て「親:どれが欲しいんだい?」「子:これこれ♪」みたいな会話をしたあとソフトを買っていた。

「その時の嬉しさは今でも覚えてる。ふるえるくらい嬉しくて嬉しくて」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 06:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

簡易台所ではたいしたものは食べていなかっただろう

簡易台所ではたいしたものは食べていなかっただろう

私は薄暗い部屋の中が嫌いだ。
6畳一間のボロアパートで留守番していた子供の頃を思い出すから。

夕方には帰ってくるはずの母親が夜になっても帰ってこない。
電球に手が届かないから暗くなっても明かりをつけることができない。
テレビ(白黒)をつけて照明代わりにするが、怖さは紛れない。
いつのまにかテレビの傍で泣き寝入りしていたらしい。
人気に気づいて起きてみると、私を見て母は泣いていた。
ホッとしたらずっと何も食べていないことに気が付いた。
お腹が減り過ぎて胃が痛い。
そのとき何を食べたか記憶にないが、
電熱器しかない簡易台所ではたいしたものは食べていなかっただろう。
6歳の頃の記憶。

「簡易台所ではたいしたものは食べていなかっただろう」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 03:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

全部親父がかってくれた

全部親父がかってくれた


うちの机の上に
FCとカービィの夢の泉カセットがおいてあった
メモもあった
メモには
「絵をがんばれよ 父」とだけあった
そう、漏れは小さいころからカービィファンで
よくカービィやデデデやワドルディをかいてた
その後
GB、ピンボール、ブロックホール、きらきらきっず、DX、2、3、64、コロコロ。
全部親父がかってくれた。
発売日から一ヵ月後、かならず送ってきた。
そして
去年
親父が死んだ。
枕元には
一枚の星のカービィとリボンのイラストがあった
唯一
俺に
夢をくれたキャラクター
それがカービィだった
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 12:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

去年、母は白血病で亡くなりました

去年、母は白血病で亡くなりました

僕のためにいっぱい苦労をして、自分のためには何も買わず、子供の物ばかりを買って、
楽しい事は何にもせずに、去年、母は白血病で亡くなりました。
母のために一生懸命勉強して、そこそこちゃんとした仕事して、
今年、親孝行のために一緒に台湾旅行しようとして、
パスポートとったのに。とうとういけなくなりました。
貧乏ではあったけど、まわりにはちょっとはずかしかったけど、とても、楽しい生活でした。
35歳ですが、書き込みながら、泣けて泣けてしょうがない。
貧乏じゃなかったら、もっと母にも余裕のある態度を見せられたのにと思うと、
憂鬱でしょうがない。
もっといっぱいいろんなことをしてあげたかったです。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 08:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

おとうさんは死んだ

おとうさんは死んだ

その日は粗末な台所の水道も凍りそうな夕方だった。
いつもは布団で寝ているはずのおとうさんがいない。
かわりに普段食べたことがないほどのお菓子が置いてあった。
ランドセルを放り投げて夢中で食べた。
うれしかった。 勿体ないので半分は取っておいた。

「おとうさんは死んだ」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 04:00
| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

未だに父の言霊から解放されないことが、悔しくてたまらない

未だに父の言霊から解放されないことが、悔しくてたまらない

父は最上級に甘やかされて育ったバカ息子だった。
祖母=父の母が女手ひとつで店を切り盛りして大事に大事に育てたそうだ。
自分が育った家も、祖母が結婚と同じに建ててくれたもの。車も祖母が買ってくれた高級車。
しかし、父はホントに甘ちゃんで商才がなく責任感もない男だった。
あやしげな商売を始めては潰し、また性懲りも無く・・・を繰返していた。
小さい頃はそんな事情もしらず、ウチはお金持ちなんだと思いこんでいた。
何故か父は非常に羽振りが良く、新しい家電製品や、高級車を買うのが大好きだったから。
そして「お金のことを口にするのは、貧しくて卑しいことだ」と言われて育ったので
父親が「給料」というものをもらっていない人なんだということも、中学生になるまで知らなかった。

影で家計を支えていた母が死んでから程なく、家は競売に掛けられた。
めぼしいものには、付箋のような紙が貼られた。母の思出のピアノにも付箋が貼ってあった。
逃げ出すように隣町の借家に移った。それでもまだ、貧乏じゃないと思ってた。

「未だに父の言霊から解放されないことが、悔しくてたまらない」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 02:22
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

母の夢を叶えられるなら協力しようと思った

母の夢を叶えられるなら協力しようと思った

父は、典型的な酒乱だった。母は、毎日父の暴力に絶えていた。
また、サラ金に手を出し、とうとう会社の金にまで手を付けてしまった。
これが原因で、僕が中2の時に両親は離婚した。
そして中2の2学期から、僕の名字が変わった。
当然、クラスメイトは不思議に思う。「いやぁ、俺って有名人だから芸名つけたんよ」
と、ジョークで誤魔化していたけれど、かなり傷ついていたことを今でも忘れない。

当時、「PTA名簿」というのがあって、各生徒の住所と電話番号そして、保護者名の欄があった。
みんな父親の名前だったが、僕の欄だけ母親の名前「○○子」だった。
明らかに「母子家庭」というのが、中学生でも分かることが辛かった。

母は、昼間は近所の喫茶店、夜はスナックで働いていた。
さらに、保険の外交員や化粧品販売と年中働いて、僕と弟を養っていた。
ある日、母が働いている喫茶店の前を通った時、入り口に「バイト募集:時給500円」
という張り紙を見つけてしまった。
僕は、母が時給500円で働いている事にショックを受けた。
当時、ほしいLPがあったが、定価が2500円。
母が、5時間働かなければ買えないと思うと、我慢するしかなかった。

弟が喧嘩をして、相手の歯を折る事件があった。どうやら、片親であることを馬鹿にされたらしい。
相手の親から治療代として12万円程度の請求があった。
母は泣いて、弟を叱った。僕は「12万円=240時間」という計算をしていた。
そのころから、物の値段を「円」ではなく「母の働く時間」で見るようになってしまった。

「母の夢を叶えられるなら協力しようと思った」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 02:18
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−父親・母親

 

【最新】心に残る話
オススメのエロい話
オススメの怖い話

最近のコメント
PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

ASOBO

ASOBO

スマホアプリのリリースをきっかけに会員数が増えてきているコミュニティサイトです。いち早くスマートフォンアプリをリリースしたことで、10〜20代のスマートフォンユーザーが一気に押し寄せました。出会いのチャンスが多く転がっているかも?

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール