PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

イククル

友達探しから恋人探し、大人のお付き合いまで出会いを探す人間で使っていない人はいないでしょう。古くから質の良い出会いを提供している老舗コミュニティサイトです。芸能人を使った安心感のある広告で、少なかった女性利用者も急増中です!!

イククル

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール


お互い幸せに暮らしている

お互い幸せに暮らしている

昔、付き合っていた彼女が精神的不安定で自傷癖や不眠症をわずらっていて、
その彼女のストレスがいつも俺に向けられた。
いつしか俺もそんな彼女と一緒にいるのが嫌になり、
別れ話をきりだすことになった。
彼女のことは好きだったけど俺も若かったし、
もっといろんな可能性を夢みていた。
俺が別れ話を切り出すと彼女は意外とあっけらかんとしていて
「私も別れようって思ってた。」と言った。

「お互い幸せに暮らしている」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 21:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

アタシの帰宅が遅いっていう当てつけ?

アタシの帰宅が遅いっていう当てつけ?

自分は母子家庭で、
子供の頃から一人でメシ食った事しか記憶がなかったし
母親は嫌な事があると、夕飯の時オレに当たりまくった。
「こんな嫌な思いをしながらメシ食うのはコリゴリだ」って心に誓ったっけ。
23の時、通い同棲するような彼女が出来たんだけど、
仕事が終わった彼女がオレのアパートに着くのは20:00過ぎだった。

「アタシの帰宅が遅いっていう当てつけ?」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 01:37
| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

なんだよ、オマエの墓コケだらけじゃんか

なんだよ、オマエの墓コケだらけじゃんか

なんだよ、オマエの墓コケだらけじゃんか。
洗っとくよ。久々にさっぱりしな。
でもお供え物は3秒ルール適応な。おいしくいただきます。
・・・ん?何しに来たって?
バッカだなぁ、今日はオマエの誕生日だろ?
死んだ日よりも生まれた日の方が大事だからな。
でも、何より大事なのは生きている時だよ。
もっと大事にしときゃぁ良かった。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 09:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

転勤で離れて、もう半年だよ。連絡しなくてごめん

転勤で離れて、もう半年だよ。連絡しなくてごめん

お腹が痛いときよく撫でてあげてた。そのうち痛くなくても撫でてあげるのが習慣になってたな。
そのまま寝ちゃって、その寝顔見るのが好きだった。
普段なかなか寝付けないと言ってたから、俺が撫でてあげるところっと、気持ちよさそうに寝ちゃうのが嬉しかったな。
 
転勤で離れて、もう半年だよ。連絡しなくてごめん。
いまさら電話したりも・・・しづらいし。
今はちゃんと寝れているかな。泣いてないかな。
誰か素敵な人ができて、幸せに眠れているなら、それでもいい。
どうか元気でいてください。

弱みをみせない君が最後に、声も出さずに流した涙が忘れられない。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 00:32
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

母親の計らいで大事な時期の自分には黙っていたそうです

母親の計らいで大事な時期の自分には黙っていたそうです

女のコの気持ちなんて全く汲む事が出来なかった高校時代。
生活そのものをホッケーに捧げていた頃のことです。
校外のチームだから学校では専ら居眠り。ホッケーのことも誰にも話すつもりがなかったので図体のデカい変わったヤツと思われてました。
いつも通り練習を終えて帰路に付くと練習先の駅前でバイトをしてたクラスのコに気付き、マズいと思って避けたけど向こうはその時気付いたらしく逆に翌朝学校で口止めされました(バイト禁止の学校だったので)。
それから頻繁に授業中手紙が回ってきて(携帯メールなんてなかった頃だなぁ)仲良くなり結果として何となく付き合い始めた頃、そのコの母親から心肺機能に障害があることを聞きました。
手術しなきゃいけないらしく、その時初めて彼女の部屋に陸上競技のものが多いけど実際陸上部にいないこと、ホッケーに没頭して会えないことをいつも許してくれた彼女に気付きました。
母親から聞いてやっと気付くほど元気に振舞っていました。

しかし高校一年生から2年以上、人の我慢とは限界に達するものなのかそれまで小競り合いは多々あったものの、定期的に入院する彼女の所にも行ってやれないようになった頃、結局彼女が口にしたのは「ホッケーと私どっちが大切なの?」。
これだけは言うコじゃないと確信してた自分はもう激怒。
自分はいつか上手くなって、兼ねてからの希望であった留学と同時に、ホッケーの盛んなアメリカの大学でやりたいと思い、彼女はそれを見守るだけでなく色々とサポートしてくれてました。
だからその問いに隠された彼女の気持ちを探ろうとせず、その矛盾だけに憤慨してしまいました。
いつしか自分の夢が叶ったらきっと彼女も喜ぶだろうなと2人単位で考えていただけにショックでした。
でもそれは勘違いでした。勝手に思い上がっていました。

トライアウトと呼ばれる大学ホッケー部入部の実技テストのために一時渡米。高校3年間をその一ヶ月に凝縮するつもりでいたものの気掛かりなのは彼女。
ケンカしたまま出るのはスッキリしたものではなく、受かっても隣で喜ぶ筈の人には振られちゃうんだろうなと思うと少しアメリカに行くのさえばかばかしくもなりました。
でも合格して帰って来て、その後に控える彼女の手術の励みになろうと前向きに考える事が出来、彼女は入院中だったので思い立った様に手紙を書いてみました。
こっ恥ずかしいけどまだ残ってるのでそのまま書こうかと。

「走り高飛びを諦めた○○○の気持ち、全部託されたつもりで行ってきます。
自分の目標を達成出来る人間だと個人的にも証明したい。
きっと○○○は自分しか見てなかった俺に嫌気が差したんだろうと思うけど、ちゃんと報告は行くから。
○○○が俺を支えてくれた時間を無駄にしないことが唯一出来る事だと思ってます。
大学ホッケー、マスター(修士号の事です)取得、オーストラリアに旅行。
これはまだ諦めてないよ。
受かるかはわからないけど、帰ってきたら俺の入学まで一緒にいっぱい遊ぼう。
手紙、よかったら書いて。では頑張ってきます。」

「母親の計らいで大事な時期の自分には黙っていたそうです」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 21:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

壊れた自販機がそこここで錆びててびっくりしたのを覚えている

壊れた自販機がそこここで錆びててびっくりしたのを覚えている

高校の夏休みはいつも彼女と一緒だった。
俺は中三の時に大阪から高知に引越した。海に近い小さな町だった。
思ったほどド田舎ではなかったが、
壊れた自販機がそこここで錆びててびっくりしたのを覚えている。

高校の時彼女が出来た。
彼女の家は海に近くて、
夏休み、俺が自転車でその海に行くといつも一人で待ってた。
毎日そこから彼女を自転車の後ろに乗せて学校へ走った。
俺は学校に用は無かったけど、彼女は部活があったから。

海沿いの道、自転車に乗りながら、いろんなことを話した。
彼女も俺もよく笑った。明日もあさっても延々休みだった。

中三から四年、そこで過ごした。
今ではなんだか夢の中の出来事だったみたいに感じるよ。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 19:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

今の妻もその事を知っていたが、自分から「私も信州に連れて行って」と言ってくれた

今の妻もその事を知っていたが、自分から「私も信州に連れて行って」と言ってくれた

10年前の春、当時付き合ってた彼女が病弱だったので、遠出のドライブは出来なかった。
だけどある日、彼女が「車で遠くに行きたい」と言うので、向こうの両親の許可を取って名古屋〜信州へドライブに行った。
高速道路だと味気ないと思い全部下道で。
名古屋に帰ってきて1ヵ月後にその子は死んだ。
きっと自分では知ってたのかな。
スゴク好きな子だったし、そのドライブが楽しかったから、その子が死んでからはずっと長野県には行けなかったし、以降の自分の生活も沈んでた。
今の妻と出会うまでは。

「今の妻もその事を知っていたが、自分から「私も信州に連れて行って」と言ってくれた」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 12:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

悲しくないのに何故涙が出るんだ?と俺には理由が分らんかった

悲しくないのに何故涙が出るんだ?と俺には理由が分らんかった

1998年の夏
小学校時代からの友達が車で事故って亡くなった
8月20日、夏休みに地元に帰ってきてる時に事故
深夜の海そば田舎道中央線を割り出した車を避けようとして海へダイブ
落ちた先は崖の下、次の日の朝になって発見、享年21歳

俺の唯一の長い間付き合いが続いた女友達だった
恋愛感情抜き、女と意識しないで電話できる友達だった
馬鹿話から怪しい話、真面目な話まで出来る奴だった

「悲しくないのに何故涙が出るんだ?と俺には理由が分らんかった」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 22:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

授業中うとうとしてると、「こら」と言って頭をコツンとする。

授業中うとうとしてると、「こら」と言って頭をコツンとする。

先生が好きでした。
生徒にからかわれた時の、照れた笑顔が好きでした。
和歌を読み上げる、静かな眼差しが好きでした。
お気に入りのCDを貸してくれる時、小声で「内緒だよ」とささやく声が好きでした。
授業中うとうとしてると、「こら」と言って頭をコツンとする。でもその後ニコっと笑ってくれる。
そんな先生が大好きでした。
先生はドビュッシーを愛していました。
先生はマラルメを愛していました。
先生は崇徳院を可哀想な人だと言っていました。

「授業中うとうとしてると、「こら」と言って頭をコツンとする。」の続きを読む

posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 07:00
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

あれから四年、僕は何一つ変わってない。今は死ぬ事ばかり考えている。

あれから四年、僕は何一つ変わってない。今は死ぬ事ばかり考えている。

1998年の夏、僕は始めて人をものすごく好きになった。
形容のしようのない激しい気持ちに日々、悶々としていた。
じたばたした挙句、最後まで「好き」とは言えなかった。
あれから四年、僕は何一つ変わってない。あの人は着実に人生を歩んでいるのに。
今は死ぬ事ばかり考えている。
ただ、ものすごく下らなかった僕の人生の中で1998年の夏だけは今でもはっきりとした色彩を帯びている。
もう恋愛をする事はないだろう。だからこそ、あの夏の思い出は僕の人生の中では凄く大切な物。
posted by 感動する話・泣ける話・笑える話・心に残る話 at 01:57
| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残る話−恋愛

 

【最新】心に残る話
オススメのエロい話
オススメの怖い話

最近のコメント
PCMAX

10代学生やギャルをターゲットに写メコンなどで注目を集めているだけあって、登録している層がとにかく若いです。もちろん、出会いを求めているギャルも多くいるので、ちょっとご飯にでも誘ってからそのまま…なんてことも簡単!!

PC★MAX

MINTC!J

ニュースや雑誌で大きく取り上げられるようになって利用者が急増中!!イククルやワクワクに並ぶぐらいに出会いが見つかる率も高くなってきています。また、まだまだ業者なども少ないので、利用するなら今が一番良いかも知れません。

ミントC!Jメール 恋愛コミュニティ

ASOBO

ASOBO

スマホアプリのリリースをきっかけに会員数が増えてきているコミュニティサイトです。いち早くスマートフォンアプリをリリースしたことで、10〜20代のスマートフォンユーザーが一気に押し寄せました。出会いのチャンスが多く転がっているかも?

ワクワク

出会いはもちろんのこと、ブログやSNS機能、ゲームや占いなど、サイトの中に楽しめるコンテンツがたくさんあり、若い層を中心に利用者が増えていっています。ブログやゲームをきっかけに出会いにつながったという話も聞くので今がチャンスです!!

ワクワクメール